ウイングスの最高傑作は? 3

1ホワイトアルバムさん2016-06-16 01:21:24

1970年代にビートルズ神話を引き継いだウイングスの最高傑作アルバム

は何だろう。皆で、それを語ろう。

ウイングスのアルバム

1.ワイルド・ライフ(全米10位)

2.レッド・ローズ・スピードウェイ(全米1位)「マイ・ラヴ」(全米1位)収録

3.バンド・オン・ザ・ラン(全米1位)タイトル曲(全米1位)、「ジェット」(全米7位)収録

4.ヴィーナス・アンド・マーズ(全米1位)「あの娘におせっかい」(全米1位)収録

5.スピード・オブ・サウンド(全米1位)「心のラヴ・ソング」(全米1位)、「幸せのノック」(全米3位)収録

6.ウイングス・オーヴァー・アメリカ(全米2位)ビートルズ・ナンバー5曲収録「ソイリー」収録

7.ロンドン・タウン(全米2位)「しあわせの予感」(全米1位)収録

8.ウイングス・グレイテスト・ヒッツ「アナザー・デイ」(全米5位)、「アンクル・アルバート」(全米1位)、

「死ぬのは奴等だ」(全米2位)、「夢の旅人」(イギリスで最多売上記録更新)

「ジュニアーズ・ファーム」(全米3位)収録

9.バック・トゥ・ジ・エッグ(全米8位)「ロケストラのテーマ」収録

10.ウイングスパン 夢の翼(全米2位)

アルバム『バンド・オン・ザ・ラン』はグラミー賞受賞

アルバム『バック・トゥ・ジ・エッグ』に収録の「ロケストラのテーマ」も

グラミー賞受賞

14ホワイトアルバムさん2016-06-26 23:36:00

>>1に出てこないけれど

「グッド・ナイト・トゥナイト」や「愛しのヘレン」も

全米トップ10ヒットだよね

23ホワイトアルバムさん2016-06-28 14:31:55



ウイングスの最高傑作は「ウイングス・オーヴァー・アメリカ」だな

>>1では全米2位になってるけど、全米1位ね

スタジオ・アルバムだとヴィーナス・アンド・マーズ。

バンド・オン・ザ・ランは、ウイングスというより、ポールのソロ・アルバムだよ。

117ホワイトアルバムさん2016-07-16 22:15:45

「しあわせの予感」が1位になったので目立つけれど、

「別れの時」が25位でタイトル曲が39位とシングル・カットされた

3曲が全てトップ40ヒットに入っているね。

>>1ではトップ10ヒットしか書かれていないけれど、アメリカでヒットの基準

とされるトップ40という観点で捉えたら、ポールとウイングスは凄いね。

『フラワーズ・イン・ザ・ダート』でもトップ40に入っていたのは1曲だけ

だったから、このアルバム『ロンドン・タウン』も実は凄いね。

359ホワイトアルバムさん2018-06-07 04:03:31

>>1

18ホワイトアルバムさん2016-06-27 20:50:24

ウイングス・オーヴァー・アメリカみたいなアルバムを出した後、

その次のアルバムとしてアコースティックなロンドン・タウンを持ってくる

この辺りの緩急が素晴らしいと思う

>>1

ヒット曲にはハード・ロックもバラードもあるんだな

32ホワイトアルバムさん2016-07-01 23:21:50

ウイングスパンのアルバムに付いていたブックレットには、バンドに所属した

歴代の全メンバーの写真が入っていて温かい気持ちになった。

ちなみに歌詞カードもやたら分厚くて豪華だった。

ウイングスはビートルズ神話を引き継いだと思う。

35ホワイトアルバムさん2016-07-02 11:07:32

ウイングスのMaybe I’m amazed・ライヴ・ヴァージョンは全米トップ10ヒットなのに、

未だベスト盤に収録されたことがない。

>>32

>ウイングスはビートルズ神話を引き継いだと思う。

確かに。ただジョンレノンの死で、それが吹っ飛んでしまった、一時的に。

39ホワイトアルバムさん2016-07-03 12:50:13

>>35

確かに「メイビー・アイム・アメイズド」ってヒットしたライヴ・ヴァージョンが

ベスト盤に収録されていないな。逆に「カミング・アップ」はアメリカ盤だと

必ずライヴ・ヴァージョンが入っている。

ライヴ・ヴァージョンはウイングスで演奏しているものだから、そのほうが

好きだけれどな。

43ホワイトアルバムさん2016-07-04 00:21:56

>>35が言うようにジョン・レノンの死でウイングスの功績(ビートルズ神話を

引き継いだこと)が吹っ飛ぶというか忘れられたような部分があった。

でも、割と表面的だったね。と言うのはビートルズやジョンのことを誰も忘れ

なかったのは、ポールが頑張り続けたからだと思う。ライヴ復活して以降ね。1

1989年以降ツアーを続けて。 今でもツアーするし。

だからじゃないかな。ジョンのベスト・アルバムって、やれコレクションだの

ヴェリー・ベストだのって手を変え品を変え改訂版が出てくるけど、もう

チャートに上がらないじゃないか。例え皆がジョンのことを想い出してもね。

2002年にウイングスパンが全米2位まで上がった時、再評価されていると

強く感じた。1960年代のビートルズと同じとまでは言わないまでも、1970年代

を代表するバンドの1つとしてウイングスを評価する声があったんだな。

56ホワイトアルバムさん2016-07-05 12:04:26

なってたろうね〜。

79年の時点でポールの独り勝ち状態だったし、ジョンは復帰こそ歓迎されたけど

ヨーコとの共同アルバムは評判悪かったから。

でもジョンが生きていればポールと共作する可能性はあったろうね。

マーティンもそう言ってたし。ビートルズ再結成はわからないけど、

ライブエイドで、ナーク・ツインズとして出たかもしれないねw

59ホワイトアルバムさん2016-07-05 14:29:25

今では5年間アルバムをリリースしなくたって何でもないけれど、

1970年代は1年に1枚が割と普通だったしね。ジョンは既に引退して

いるという認識だった。

面白いのは1976年にコンピレーション・アルバム『ロックンロール・ミュージック』

が出た時だった。この時は、ウイングス大ヒットの余波をビートルズが受けた。

アルバムは全米で2位まで上がった。その時の1位はウイングスの『スピード・オブ・

サウンド』だったんだよ。

「ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」(B面:ヘルター・スケルター)

がシングル・カットされて全米7位。イギリスでは「バック・イン・ザ・USSR」(B面:

ツイスト&シャウト)がシングル・カットされて全英19位。つまり、英米どちらもA面は

ポールの曲だったんだ。

そのヒットを受けてなのかどうかは判らないけれど、ウイングスの1979年のツアーにおいて

オープニング・チューンは「ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」だったんだ。

幻の日本公演でもその予定だったらしい。誰だってビートルズを継承したのはウイングスだって

思うさ。

ちなみにカンボジア難民救済コンサートのライヴ・アルバムで、ウイングスの「ガット・トゥ・ゲット・

ユー・イントゥ・マイ・ライフ」を聴けるね。あのアルバムは「エヴリナイト」や「ロケストラのテーマ」

も入っていて嬉しかった。「レット・イット・ビー」もかな。

70ホワイトアルバムさん2016-07-06 17:22:51

>>59

「カンボジア難民救済コンサート」懐かしいっ

NHKのヤング・ミュージック・ショーでも放映されて

当時、頼み込んで頼み込んで買って貰ったビデオデッキに録画して

何度も観たなあ

あの時も、フィナーレは全員が「レット・イット・ビー」だったねん

ポールはいつもこういう場所では、この頃からトリだったんだよね

あの当時は洋楽番組がまだ皆無だったから

NHKの「ヤング・ミュージック・ショー」が物凄い頼りだった

「ポール・マッカートニー・ショウ」も「キッス」「ボウイ」「ボヴ・ゲルドフ」

「ボヴ・マーレイ」なんかの日本公演のライブもみんなここ

189ホワイトアルバムさん2016-08-13 00:05:28

>>59 を読んでほしいね。

ビートルズのコンピレーション・アルバムが多く出された背景に

ウイングスの快進撃が無関係だとは思えない。

ウイングスの売上にビートルズが便乗していた感があった。

60ホワイトアルバムさん2016-07-05 17:48:53

じゃあ今ではかなり名鑑・名曲扱いされてる『ジョンの魂』や「イマジン」もそこまで

評価されなかったのかなあ?

ジョンが死ななかったから名曲ランキングとかでも『バンドオンザラン』や「マイラブ」のほうが上位に来ていたのかねえ〜?

63ホワイトアルバムさん2016-07-05 18:59:20

>>60

評価って、誰が何を評価すんの?

何でそれが気になるの?

64ホワイトアルバムさん2016-07-05 20:17:59

>>63

>>55−>>59の流れで聞いただけだがw

興味ないならスルーしてくれw

174ホワイトアルバムさん2016-08-05 14:04:34

>>70

「カンボジア難民救済コンサート」

難民をなんとかして救わなければ、ってなんとかするっていう趣旨なのに

あの時も、ポールのせいでフィナーレは全員が「なるようにしかならないよ」

だったねん

ポールはいつもこういう政治的な場所では、方向感覚がズレてるんだよね

71ホワイトアルバムさん2016-07-06 17:31:08

「カンボジア難民救済コンサート」は、79年のウイングス・ライヴが聴ける事で重宝したなぁ。

日本で逮捕される約3週間前。まさか、これがウイングスのラスト・ライヴになるなんてね。

それと未だにCD化されてもいないなんて…。

75ホワイトアルバムさん2016-07-06 23:29:55

このスレにジョンの話は要らないと思う

ウイングスと何も関係の無かった人だから

>>59 >>70 >>71

カンボジアは、自分のアルバムでもないのに、

新曲カミング・アップを惜しげもなく収録させたね

77ホワイトアルバムさん2016-07-07 00:32:25

>>75

あの頃は、まだまだ「出し惜しみ感」みたいなのが無い時代だったからな

グラスゴーとカンボジア、2種聴けるのが嬉しいわ

それにしても、オフィシャルではシングルB面グラスゴーが1番いいよな。

80ホワイトアルバムさん2016-07-07 01:09:44

>>77

俺もそう思う。

シングル買ってB面ばっかり聴いた覚えがあるw

91ホワイトアルバムさん2016-07-10 00:09:46

ピュアマッカートニーだが、フラワーズ期の曲は

ベストに入れる水準に達してないから外したのだ

と思いたかったが、やっぱりアーカイヴのために出し惜しみしたのか・・

金と商売じゃなくて、作品の質を取ってくれよ・・

95名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!2016-07-10 09:08:39

>>91

My brave faceくらいは入れてほしかったな

92ホワイトアルバムさん2016-07-10 00:10:29

ピュア・マッカートニーのアナログ買ったらジュニアズ・ファームが入ってなくて涙目。

93ホワイトアルバムさん2016-07-10 00:21:35

>>92

事前に収録曲調べればわかるだろうに…。

96ホワイトアルバムさん2016-07-10 10:09:50

>>95

発売前は自分もディス・ワンくらい入れてくれ…と思ったけど、

いざ購入して新規リマスター聴いたら、イマイチだったので、

今はフラワーズ〜から収録されなくて良かったと思ってる。

101ホワイトアルバムさん2016-07-13 00:28:19

バンド・オン・ザ・ランに行くまでにグラミー賞も獲っていたし、

#1アルバムも出していたし、#1シングルも出していたってことだろ。

バンド・オン・ザ・ラン以前が鳴かず飛ばずじゃなかったってこと。

半可通は、それを知らなかったりするwww

103ホワイトアルバムさん2016-07-13 03:16:12

>>101

鳴かず飛ばずだと誰も言っていない

しかしバンドオンザラン以前と以降では明らかに

売り上げも評価も差があるのは事実

あんただって売れていたのは「そこそこ」のレベルだって言ってるじゃん

あんたは人を半可通よばわりする以前に認識が混乱している

106ホワイトアルバムさん2016-07-13 14:36:45

>>103

それって平日の午前3時16分に言わなきゃならないことか?

半可通じゃなく、憎悪厨って呼んでもらえwww

108ホワイトアルバムさん2016-07-13 16:25:29

>>106

あまりの暑さに目が覚めてしまって眠れなくなっちゃったんだよ

それでここを覗いたわけなんだよ

憎悪厨ごときといっしょにされてはかなわんなあ

109ホワイトアルバムさん2016-07-13 17:38:57

>>81

Girlfriendはマイケルにカヴァーされたからじゃないかね。

あれはOff The Wallに入っていたっけ。大ヒット・アルバムだもんね。

曲の扱われ方が変わってしまった。

124ホワイトアルバムさん2016-07-19 23:55:30

80年当時のウィングスの来日決定も

「バック・トゥ・ジ・エッグ」がコケテ

日本にやってきたとか書かれてるのあったなあ

90年にやっと日本公演が実現した時は

アルフィーやキ原田真二とかその他、大のビートルズ、ポールファンは

「やっぱり10年前、ウィングス絶頂期の頃に観たかったなあ」と口揃えて言ってたよね

127ホワイトアルバムさん2016-07-20 13:10:51

>>124

アルフィーとか原田真二とか

ニュー・ミュージックの反応はどうでもいいよ

162ホワイトアルバムさん2016-07-29 06:48:24

70過ぎて曲書き続けるて歴史上初か

187ホワイトアルバムさん2016-08-12 21:58:14

>>162

グラハムナッシュとデヴィッドクロスビーは老いてますます盛んだよ

177ホワイトアルバムさん2016-08-05 17:14:10

>>174

LET IT BEは、「なるようにしかならない」なんていう意味じゃないよ

日本人は、いつまであんな訳が正しいと思ってんだ

「聖母が正しい道へと導いてくれる」という賛美歌のような歌だよ

180ホワイトアルバムさん2016-08-05 23:58:49

>>177

なんで? ニワカw

母のメアリーってポールの死んだお母さんのことじゃん。

ひどいストレスの苦しんでた頃、母親が夢枕に立ったって何度もインタビューで話してるだろ。

188ホワイトアルバムさん2016-08-12 23:47:36

60年代、ビートルズをリアルで体験した人と同じくらい

70年代、特にリアルで78年くらいまでの「ウィングス」の人気ぶりを

知ってる人と知らない人では、ポールの評価さえ変わってきそう

80年代からビートルズ、またはポールを認識した、またはファンになった人達は

どれ位、70年代、ビートルズの中でポールが1人息巻いていたか実感ないんじゃないかなって

193ホワイトアルバムさん2016-08-13 15:39:21

>>188以降192まで

ほとんど中味のない発言なのに意味を感じているファンたち

そんなレベルなんだよ

ビーファンは

なんたってB級ファンなのだから

192ホワイトアルバムさん2016-08-13 14:41:07

1980年の10月、ダブルファンタジーの最終ミックスを行ってたジョン

スタジオでのインタビューで、ポールついてかなり話してる

「彼のアルバムは途中までは聴いてたな「〜Speedway」とかね。

最近のはラジオでかかったのを聴いたくらいかな、Commming Upは良いね。

あのグラスゴーのライブVer.じゃなくて、ぶっ飛んだアレンジの方が」

(良く知らないと言いつつ、バージョン違いまでチェックしてるジョンw)

ポールが僕にとって刺激になるかって?ならないよ。

だってそれは、君にとって兄弟が刺激になるかって聞いてるようなもんだろ?

15歳からの付き合いだぜ?何かやってるのを見ても「へー、まあ頑張れや」って感じさ」



195ホワイトアルバムさん2016-08-13 17:10:12

>>192

ジョンは、何だかんだ言って、ウイングスのアルバム全部を持っていた

そうだしねw アテにならないね。カミング・アップのヴァージョン違い

を知っていたのは笑える。

>>193

レベルの高いファン? そんな定義できないものに向かう気は全くないねw

どんなレベルであろうと誰に迷惑をかけるじゃなし。

発言の中身に意味があるかないかを感じるのは受け手の自由。

B級で結構だよw

A級になったら、何か得することでもあるのかよw

198ホワイトアルバムさん2016-08-13 19:44:50

>>195

ジョンはジョージの本で自分が少ししか触れられていなかった事を怒ってた。

何だかんだ言ってしっかりチェックしてまっせーw

199ホワイトアルバムさん2016-08-13 21:02:19

>>198

大体、76年のウイングスの全米ツアーの時、マジソン・スクエア・ガーデンまで

聴きに行ってるんだよなw

200ホワイトアルバムさん2016-08-14 12:28:32

あれ⁈

ジョンは騒がれるの嫌って、行かなかったんじゃなかったっけ。



201ホワイトアルバムさん2016-08-14 23:44:24

>>200

ジョンはストーンズの「サム・ガールズ」ツアーもマジソン・スクエア・

ガーデンに行ってるよ 割といつも自分の注目している誰かがNYに来ると

出掛けている

ウイングスのスレにジョンの話ゴメン

203ホワイトアルバムさん2016-08-15 21:49:16

>>201

1976年のジョンとポールには興味があるから。

ビートルズ解散後のポールの頂点が76年だし、ジョンはどこのレコード会社とも

契約しなくて、ファンにしてみれば主夫やってるなんて認識なかったろうし。

ジョンは、バック・トゥ・ジ・エッグ聴いて、「ポールはこういう所がうまいんだよな」

なんて云ってたらしいけど(どの曲の事だったんだろう?)。

カミング・アップは刺激的だったって言ってたのは、有名だけど、

マル・オブ・キンタイアなんかは、どう思ってたのかね〜

206ホワイトアルバムさん2016-08-16 15:38:25

>>203

最期の2ショットと言われているこれは少し前の73-74年あたりっぽいね

解散時の愛憎劇を知ってるのでなんかホッとする

322ホワイトアルバムさん2017-11-24 15:23:20

>>203

> ジョンは、バック・トゥ・ジ・エッグ聴いて、「ポールはこういう所がうまいんだよな」

なんて云ってたらしいけど(どの曲の事だったんだろう?)。

Arrow Through Me かも。エリカバドゥがこの曲をサンプリングして使った時には

やるなぁエリカ、これを見つけて選ぶ目の付け所とセンスが。と思いました

207ホワイトアルバムさん2016-08-16 16:31:44

>>206

74年のヨーコと別居してた頃だよね

これも同じ頃かな

212ホワイトアルバムさん2016-08-18 00:41:33

>>207

後ろ向きの女性はリンダ?

だとしたら、もうポールだけしか生きていないのか・・・

242ホワイトアルバムさん2016-09-15 20:57:41

ワイルドライフからだろ

309ホワイトアルバムさん2017-03-18 14:42:33

先述のレスなど読むと、確かにウィングスはチャートでも成功したし

むろんウィングスは大好きだけど

音楽的評価や人気ってあの当時も現在も欧米、日本含め実際のところどうなんだろ

70年代、正直、ウィングスってビートルズのポールがいたバントという認識で

ポップで分かり易くて聞き易くてって人気だった

アバやキッス、BCR、アイドル時代のクイーンとかその辺りと一般的な人気分けあってたというか

だって当時の日本の大学生が一番聴いてた洋楽って

イーグルスとフリートウッド・マックだったって最近読んだ評論家、実際そうだったらしい

70年代って、それこと邦楽と洋楽がごっちゃになる位、今よりずっと音楽が

巷に浸透してたじゃない?だからウィングスも人気だったけど、同等かはたまた

それより強力なバンド音楽も目いっぱい浸透してたっていう方が合ってるって気がするんだよ

それがウィングスのいた70年代っていう時代だった気がする

313ホワイトアルバムさん2017-04-02 10:42:38

>>309

日本じゃイーグルスは爆発的な人気だったけど

マックは音楽通だけで一般受けはしなかったな

312ホワイトアルバムさん2017-03-31 00:07:38

>>311

ヘイ!憎悪厨

お前はフォー・シーズンズとビーチ・ボーイズでも聴いて、

甘酸っぱい気分に なってろやwww

ナイアガラ最高、スペクター万歳ってなww

339ホワイトアルバムさん2017-12-03 02:50:55

>>322

想像だけどゲッティングクローサーの事だとして

「ポールマッカートニー」と「歌の中の登場人物」で声使い分ける所

歌の短編小説化についてビートルズ時代にちょっとバカにしてた部分もあり

ジョンは年取っても自分の事を一本調子で歌うしかなかった

352ホワイトアルバムさん2018-04-01 22:06:16

丁寧なリミックス/リマスター、アーカイブ(当時の写真や

映像、未発表曲/テイク)の丹念な捜索などをやっていれば

時間がかかるのは致し方ないかと。

個人的にはロンドンタウンがどういう形でエディションに加わるのかが

気になるところ。アビーロードで開始したセッションが上手く行かなかったり、

メンバーが辞めてしまったり、リンダさんが産休に入ってしまったりで

その度に中断〜仕切り直しを繰り返した難産のアルバムだから、その分

ボツ曲/ボツ録音の量が凄いことになっているんじゃないかな…

353ホワイトアルバムさん2018-04-02 21:51:58

>>352

ヨットでの第2期のWingsのセッションテープは、たんまりあるみたいよ。

結構昔からブートになってるしね。

354ホワイトアルバムさん2018-04-03 14:17:59

>>353

やっぱりそうでしたか。もしかしてポール、「ロンドンタウンのおまけとして

出すより、近年のジミヘンプロジェクトに倣って別の新作アルバムとして

出す方が得だぞ」なんて魂胆でその辺りの蔵出しを控えているのかも?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする